読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べーのおすすめオンライン小説

暇さえあればオンノベ漁ってる女が感想ブログを書いてみる。

「春告げのセリ」を読んでほしい

ncode.syosetu.com

〜あらすじコピペ〜

里の魔力無しだった少女セリは、15の或る日、詳細をろくに知らされず隣国へ嫁がされることに。
道中で襲われかけたセリを救った若者は、メッセン家の二子、デン。
デンはセリに「貴女の夫は俺だ」と告げてくる。
「嫌なら結婚しなくていい」と逃げ道を示されたものの、セリはデンの妻という道を選び、森での生活が始まるが――
お約束な一作。

〜〜〜〜〜

かわいいアンドかわいい。
つまり最高オブ最高。
やばい。語彙力が死ぬ。愛。

 

以下、ネタバレあり。

 

f:id:sakura-n-beco:20161001004227p:imageまずヒロインのセリちゃんがかわいい!
尋常じゃない可愛さ。ただでさえかわいいのに、異国語をカタコトで喋るから可愛さが倍増してる。
そりゃデン様もコロッとやられるわ。ほぼ一目惚れだったけど。

セリちゃんは、人間不信になっても仕方ないような境遇に生まれ育ったわりに、変にイジけてないところがいい。
控え目で大人しいけど、素直ないい子で、地に足がついている。
いわゆる政略のための縁談で夫となる人を初めて見た時も、意外と冷静に観察してる。(たぶんあれはデン様の方が浮き足立ってたなww)
夫と一緒にいた美形の青年にまったく靡かない辺りも素敵!
そしてかわいい。

 

f:id:sakura-n-beco:20161001004244p:image縁談のお相手はデン様。
無口で不器用な青年料理と弓が得意。鬼強い。
いろんな事情で「一生独り身なんだろーな。モテないし」と悟りを開き始めてたところに転がり込んできた縁談。

嫁が可愛すぎて、そわそわドギマギしてる様子が◎。
セリちゃんのことをすごーーーく大好きで大切にしたいのが伝わってくる。さり気ない気遣いとか視線とか、とにかく全部ダダ漏れ

大事そうに「奧殿」って呼んで、精一杯「俺の」って主張してるあたり最高にかわいい。

あと百発百中の弓による曲芸がクソ可愛い。たまらん。

 

f:id:sakura-n-beco:20161001004353p:image世界観も素晴らしかった。

既存のファンタジー世界じゃないオリジナルで、耳慣れない単語が色々出てきた。でも難しい説明がいっぱいなくても、話の流れやストーリーでニュアンスが伝わる。分かりやすい。
自給自足の「里」を舞台にしたお話なんだけど、「新聞」があって、「自治区」や「役人」っていう単語も出てきて法整備された文明の気配を感じさせつつ、「魔法具」「魔法士」「魔法省」「魔球船」など、心躍るファンタジー要素もがっつり入ってくる。
そしてファンタジーでありながら、諸々のきな臭い感じも統治に関わる駆け引きもリアルな人間臭さで、生活感とでも言えばいいのか、人間の暮らしってこういうものだとストンと落ちてくる。

 

西洋風とか、中世西洋風とか、テンプレになったゲーム風の世界観とか、そういうのとはまた違ったファンタジーを読んでみたいという方には、是非とも読んで欲しい作品。
そして、かわいい&かわいい夫婦に興味がある、というかかわいいは正義、って方はもう読むべき。読むしかない!
オススメです٩( ü )و

 

※画像:いらすとや